マツダ、ロータリーFR「RX-VISION」を公開 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ、ロータリーFR「RX-VISION」を公開

20151028_b1.jpg


マツダは、東京モーターショー15において、ロータリースポーツコンセプト「RX-VISION」を世界初公開した。
「RX-VISION」は、ロータリーエンジン搭載のFRスポーツカーだ。


マツダは2012年の6月に「RX-8」の生産を終了して以来、ロータリーエンジンを搭載したモデルが途絶えた状態が今日まで続いている。

今回公開されたコンセプトカー「RX-VISION」では、魂動デザインに基づいてマツダが考える「最も美しいFRスポーツカー」の造形に挑戦すると共に、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載。
まさに、マツダが実現したいと考える将来の夢を表現したモデルである。


マツダは、現在はロータリーエンジンを生産していないものの開発は継続しており、「SKYACTIV-R」という名称には、SKYACTIV技術の開発時のように、

「常識を打破する志と最新技術をもって、課題解決に取り組む」

という意味が込められているとのこと。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/10/28/262965.html
http://response.jp/article/2015/10/28/262971.html
http://response.jp/article/2015/10/28/262973.html


SKYACTIVの名に恥じないエンジンに


この上なくユニークな、マツダのロータリーエンジン。

復活を望む根強いファンがいるのはもちろんのこと、購入の対象にはならないまでも、その存在が気になるという人まで含めれば、非常に注目度の高いエンジンの1つと言える。

開発は継続されているということで、復活の日がいつになるのか、筆者としても気になるところ。

復活して登場する際には、次世代ロータリーエンジンとして「SKYACTIV-R」という名を与えられての登場となるようであるから、期待はますます膨らむというもの。

すでに「SKYACTIV-G」や「SKYACTIV-D」で好評を得ている近年のマツダエンジンだけに、「SKYACTIV-R」もまた、SKYACTIVの名に恥じない出来栄えで再登場してもらいたいと思う。


今回コンセプトモデルが公開されたことでロータリー復活を望む声はますます強まるかもしれないが、中途半端な性能で出すのではなく、あせらずじっくり開発を進めて頂き、スペック的にも体感性能的にも優れた、インパクトのある再登場を期待したい。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/345-3d839688

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。