シビックタイプR新型、価格428万円で12月7日に発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シビックタイプR新型、価格428万円で12月7日に発売

20151029_c1.jpg


ホンダは、東京モーターショーで日本初公開された新型「シビック タイプR」を、12月7日に発売することを発表した。ただし、国内750台限定だ。


シビック タイプRの新型は、新開発の2.0リッターVTECターボエンジンを搭載。
歴代タイプR最強のスペック、最高出力310ps、最大トルク400N・mを誇る。


20151029_c2.jpg


エアロダイナミクス性能に優れたデザイン、4輪のダンパー減衰力を独立制御するアダプティブ・ダンパー・システム、軽量化された6速MT、ハイパフォーマンスタイヤなど、サーキットのみならず一般公道でも高次元の走りを楽しめるドライビングフィールを目指して開発された。

性能評価の舞台はニュルブルクリンク北コースで、FF量産車最速のラップタイム7分50秒63を叩き出すなど、高い走行性能を有している。


20151029_c3.jpg


なお、価格は428万円。

購入に際しては、ホンダの公式サイトで商談申し込みが必要だ。

申し込みの受付期間は、10月29日~11月23日だが、限定台数の750台を上回る商談申し込みがあった場合は抽選になるとのこと。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/10/28/263038.html
http://response.jp/article/2015/10/29/263175.html
http://www.honda.co.jp/news/2015/4151028-civic.html


いつかは乗りたいタイプR


ホンダのスポーツモデルを象徴する「タイプR」。

今はすっかり見かけなくなったものの、昔はタイプRがブイブイ言わせながら走っているのをよく見かけたものだ。

近年は「箱グルマ」メーカーとしてキャラ変していたホンダだが、やはりホンダにはスポーツモデルで勝負してもらいたいものである。


筆者もいつかはタイプRを所有してみたいと思っていて、今回はそのいいタイミングの1つかも、と密かに思っていたのだが、限定750台とはガッカリだ。

「スポーツのホンダ復活!」を本格的に世間に知らしめるためには、限定と言わず、「いつでも買えるタイプR」がラインナップに加わらないとダメだろう。

そうなった暁には、ぜひ愛車候補として検討したいものだ。

新型シビック
TYPE Rのすべて

新型シビック
タイプR

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/348-41df639d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。