VW問題、日本にも波及の可能性 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW問題、日本にも波及の可能性

20151104_a1.jpg


排ガス不正問題でおなじみのフォルクスワーゲングループ。
現在進められている社内調査の結果、CO2排出量に関しても不正があることが判明し、その対象の一部にはガソリン車も含まれることが新たにわかった。


フォルクスワーゲングループの不正に関する話題が止まらない。

先日は傘下のポルシェにも、「ポルシェ カイエン」などの3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル搭載車で違法ソフトが搭載されていたことが判明するなど、不正の対象は日を追うごとに広がっている。


20151104_a2.jpg


これまでは不正の対象はディーゼル車のみで、問題となっていた排ガスはNOx(窒素酸化物)であった。

しかし今回明るみに出たのは、CO2排出量に関するデータの不正。

その対象車の数は約80万台とのことで、そのうちのほとんどがディーゼル車とのことだが、一部はガソリン車だという。

これまでは無関係と思われていた日本におけるフォルクスワーゲン車だが、ガソリン車にも不正が見つかったことにより、この問題が日本へも波及する可能性が出てきた形だ。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/11/03/263498.html
http://response.jp/article/2015/11/04/263535.html
http://response.jp/article/2015/11/05/263613.html


一気に広がる不安


これまでは「違法ソフトによって試験時のみNOx(窒素酸化物)の排出を抑えるようにしていた」というのが不正の内容であったため、NOxの規制に対する対処が困難なディーゼル車のみに限った話だった。

しかし今回取り上げられたのは、排ガスの中でもガソリン車でも常に課題となっている二酸化炭素(CO2)排出量に関する不正。

こうなると、当然ながらガソリン車にも疑いがかかってくるわけで、実際、社内調査の結果により、不正の対象車にガソリン車が存在することが明らかとなったわけだ。

ただ、どのような形で不正がおこなわれたのかについては、「CO2排出量データを不正に操作した」ということしか報じられていない。

ディーゼルで問題になった違法ソフト使用の場合は、NOxは抑えられる代わりにCO2は増えるため、これまで問題になっていた違法ソフトとは無関係な話であることは確かだろうが、具体的にどのような方法によって「不正な操作」とやらがおこなわれたのか、現時点では定かではない。

それは追々明らかになると思われるが、そんなことは多くの消費者にとってはどうでもいいのかもしれない。

不正の方法はどうであれ、ガソリン車にまで問題が飛び火したという「結果」の重大さは計り知れない。


日本の中古車市場の影響は?


ガソリン車までが不正の対象となってくると、これまでは「日本で販売されているフォルクスワーゲン車には不正はない」と言われていた話が、そうとは言い切れない話になってくる。

今のところ日本で販売されているガソリン車が不正の対象に含まれるかどうかという細かい情報は無いが、懸念が広がるだけでも大きな影響が出かねないのがこの世界。

「フォルクスワーゲンのクルマは、ディーゼルだけじゃなくガソリン車も怪しいぞ!」

となると、やはりこれからクルマを購入しようとしている人は、わざわざ怪しい物に手を出したりしないだろうから、新車販売には大きな影響が出てしまうかもしれない。


中古車に関してはどうだろう?

情報が不足している現段階では読みが難しいところだが、不正のニュースがガソリン車にまで広がったことで中古車が値下がりするようなことになれば、それを狙って買いに来る人もいるだろう。

買いに来る客が増えて中古車在庫の回転が良くなれば、逆に手放したい人たちが売る際の買取価格は、さほど下がらない可能性もある。


とにかく、日本にとって無関係な話ではなくなっただけに、今後の国内におけるフォルクスワーゲン車の状況がどのように変化するのか、要チェックである。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/350-1b928e0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。