次期インプレッサ、画像とは全然異なる市販版の姿 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期インプレッサ、画像とは全然異なる市販版の姿

20151111_a1.jpg


スバルは、グローバルサイトにて「インプレッサ セダン コンセプト」の画像を公開。
同時に、11月17日から開催されるロサンゼルスモーターショーにて、「インプレッサ セダン コンセプト」を世界初公開することを発表した。


しかしこのたび、そのコンセプトモデルの公開より一足先に、次期インプレッサ セダンの市販モデルの姿が捕捉された。

その市販モデルの姿がこれだ。

20151111_a2.jpg

20151111_a3.jpg

20151111_a4.jpg


公開されたコンセプトモデルのティザーショットと比較すると、市販モデルはルーフエンドに高さを持たせ、実用性重視のフォルムとなっているようだ。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/11/11/263997.html
http://response.jp/article/2015/11/11/264056.html
http://www.subaru-global.com/2015la.html


基本的には相変わらずのスタイル


次期インプレッサは、筆者の愛車選びにおいても対象の範囲内であるだけに、それに関連する画像のニュースには反応してしまうし、注目せざるを得ない。

そこで登場した、冒頭のコンセプトモデルの画像。
これを見た瞬間は、「おおっ!」と思ったが、その直後に出てきた市販モデルの姿を見てガッカリした。

スバル伝統のフロントオーバーハングの長さに加え、コンセプトモデルとはあまりにも異なる上半身のサイドビューなど、相変わらずスバルのコンセプトモデルは詐欺レベルだ。

そう言えば、WRXのコンセプトモデルが登場した際も、そのあまりのカッコ良さに次期モデルへの期待を膨らませたものだが、実際に発売された新型WRXは、コンセプトモデルとは似ても似つかない全くの別物すぎたことが記憶に新しい。


コンセプトモデルはデザイン上の理想であるため、実際に公道を走り、日常で使用することを考えれば、市販モデルはどうしてもデザイン的に妥協しなければならない部分があるのは当然のことだ。

しかし、スバルは他社に比べて、コンセプトモデルと市販モデルのギャップが大きすぎるように感じる。

なかなか難しい問題があるのだろうとは思うが、もう少し、コンセプトモデルとのギャップを小さくするよう頑張って頂きたいものだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

私もスバルの市販モデルのデザインはいまいちだと思います。ところがアメリカでは目茶苦茶売れています。何故なんでしょうかね?
アクアが売れるのはまあ、日本だからと思いますがスバルが手強いアメリカ人相手にあんなに売れる理由がわかりません。デザインは凡でも車の中身は個性に満ち溢れているのでしょうか?

2015-11-21 07:02 | from -

Re: タイトルなし

管理人です。

> 私もスバルの市販モデルのデザインは
> いまいちだと思います。

 なんか市販モデルになると
全長はコンパクトなのに
ムダに背が高くなったりして、
コンセプトモデルとはかけ離れた
寸法バランスになっちゃうのが
残念なところです。


> ところがアメリカでは
> 目茶苦茶売れています。
> 何故なんでしょうかね?

 なんかそういう話はよく聞くし、
ニュースでも見かけたりしますね。
なぜなのか、その明確な理由は
筆者もわかりませんが。(^^;


> デザインは凡でも車の中身は
> 個性に満ち溢れているのでしょうか?

 昔に比べればスバルの「個性」は
薄れゆく方向にあるように感じます。

 それに、アメリカンが「個性」などという
あいまいな形のないものに惹かれて
クルマを買うような気がしません。

 単純に、価格から考えれば
スバルの2リッターターボの動力性能は
非常にお買い得だから、とか。(^o^)

 あのターボのリニア感の無さも、
アメリカンの大雑把に長距離を
ぶっ飛ばすような乗り方なら
あまり問題にならないでしょうし、
実はそういった、ある意味
わかりやすい理由で
売れてるんじゃないですかね?(^o^)

2015-11-22 00:52 | from 管理人 | Edit

トヨタにすぐ飛びつく日本人と違って弱小メーカーでも素直にいい物はいいと認めるアメリカ人は日本人よりは車を見る目ありますよ。筆者が高評価されたキャディラックATSもアメリカでは売れていますからね。アメリカ人が重視するのは広さと安全性能。IIHSの衝突基準などで最高評価を獲得しているスバルは両方満たしています。あと筆者はアメリカで売れ筋のフォレスターやアウトバックに乗ってらっしゃらないからこれらに乗ればまた見方も変わるかもしれません。個性が薄まっていると思われるのは今のスバルは全てアメリカ重視で造られています。そう思われるのはそれが原因かもしれません。日本はこの先確実に人口減少しますし日本向けに造るのは意味ないですからね。他のメーカーもそうですが売れる国向けに作って日本でも売れたらまあいいやってなっていくでしょうね。

2015-11-23 12:09 | from -

Re: タイトルなし

管理人です。

> アメリカ人が重視するのは広さと安全性能。

 まぁ広さに関しては
ガタイがデカい人が多いですからね。
安全性も、スモールオーバーラップの導入とか、
厳しい試験してますもんね。


> IIHSの衝突基準などで最高評価を
> 獲得しているスバルは両方満たしています。

 確かにそうですね。

 まぁでも、広くても安全でも、
走らせてみてダメなら売れないでしょうけど、
スバル車はそのへんもよく出来てますから、
そういう総合力で魅力があると
判断されてるのかもしれませんね。


> 個性が薄まっていると思われるのは
> 今のスバルは全てアメリカ重視で造られています。
> 日本はこの先確実に人口減少しますし
> 日本向けに造るのは意味ないですからね。

 実際すでに日本市場が後回しな感じに
なりつつあるし、クルマの寸法も
どんどんデカくなってますモンね。

 仕方ないのかもしれませんけど、
なんか残念な部分ではあります。(^_^;

2015-11-23 16:59 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/354-4a2407b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。