新登場!ガソリンターボのスカイアクティブ - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新登場!ガソリンターボのスカイアクティブ

20151119_a2.jpg


マツダは、2016年春より北米で販売を開始する「CX-9」に、新開発の2.5リットルガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を搭載すると発表した。

20151119_a1.jpg


SKYACTIV-G 2.5Tは、自然吸気のSKYACTIV-G 2.5をベースに、世界初の新技術「ダイナミック・プレッシャー・ターボ」を搭載。
低速域ではバルブを絞り、ターボラグの要因となる各ポートからの排気の干渉を抑制する。

また、「クールドEGR」により、燃焼温度を低減させてノッキングの発生を防止し、理論空燃比領域の拡大と点火タイミングの最適化によって燃費を改善する。


なお、マツダのニュースリリースによると、SKYACTIV-G 2.5Tのスペックは以下の通り。

最高出力(レギュラー使用時): 227HP〈169kW〉/5,000rpm
最高出力(ハイオク使用時) : 250HP〈186kW〉/5,000rpm
最大トルク: 310ft-lb〈420Nm〉/2,000rpm

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/11/19/264550.html
http://response.jp/article/2015/11/19/264559.html
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201511/151119b.html


待望のガソリンターボ!


これまでのスカイアクティブエンジンではディーゼルのみがターボだったが、ようやくガソリンのスカイアクティブエンジンにもターボが登場。

このターボエンジン、スペックも大したものだ。

パワーはハイオク使用で186kW(253PS)ということで、これはこれでなかなか素晴らしいが、特にトルクがスゴい。

あくまでも2000回転というピンポイントでの最大トルクではあるが、420Nm、すなわち42.8kgf・mというのだから、自然吸気で言えばV8の4リッター級のトルクである。

スペックの高いエンジンを積んだからといって、そのクルマに乗った時のフィーリングが良いとは限らないが、スカイアクティブ導入以降のマツダ車の出来を見る限り、このエンジンが搭載されるクルマも、かなり期待していいのではないだろうか。

とりあえず、まずはCX-9への搭載。
そして、発売開始は北米からということだが、このエンジンはぜひともアテンザやCX-5あたりにも搭載してもらいたい。


今回新たに、ガソリンターボが加わったスカイアクティブエンジン。

そして、開発が継続されているロータリーエンジンも、いずれスカイアクティブ版の「SKYACTIV-R」となって、スカイアクティブファミリーに加わることになる。

今後のマツダ車、ますます目が離せない存在になりそうだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

マツダがガソリンターボってなんか意外ですね。ダウンサイジングにはかなり否定的だったのに。そう考えるとこのエンジンはもしかしたら北米でsuvを売るための専用のエンジンになるのではないでしょうか。実際トルクが際立って太いエンジンなのですから。国内で販売しているディーゼルの代替としているのでは?
私自身ターボでも完成度の高い物であれば別に問題ないと思うのですが、最近のマツダの方向性を見ると国内のアテンザやcx5にはこのエンジンは使われないのではないかと思ってしまいます。私としても、マツダには高出力のガソリンターボを導入して欲しいとは思うのですが。

2015-11-23 23:16 | from -

Re: タイトルなし

管理人です。

> マツダがガソリンターボってなんか意外ですね。
> ダウンサイジングにはかなり否定的だったのに。

 そうですね。
どちらかというと開発陣は
ターボ化に否定的な感じの
コメントをしていたように
記憶しています。


> このエンジンはもしかしたら
> 北米でsuvを売るための
> 専用のエンジンになるのではないでしょうか。

 だとしたらもったいない話です。

 確かにコスト高になる分、
車両価格アップにつながるとは思いますが、
それでも欲しいという人は
日本にもたくさんいると思いますし。

 それに、
たとえターボ化に伴う価格アップが生じても、
そのクルマの出来の良さが評価されて
買ってもらえるようにならないと、
マツダの目指す
「ブランド力の向上」
の実現には至らないと思いますしね。


> 実際トルクが際立って太いエンジンなのですから。

 ハイオクでもレギュラーでも42.8kgf・mというのは
かなりスゴイと思います。
ディーゼルならともかく、ガソリンですからね。


> 私自身ターボでも完成度の高い物であれば
> 別に問題ないと思うのですが、

 そう思う人は少なくないはずです。
筆者も含めて。(^_^)


> 最近のマツダの方向性を見ると
> 国内のアテンザやcx5には
> このエンジンは使われないのではないかと
> 思ってしまいます。

 アテンザ、CX-5が無理なら、
この際、アテンザより上位の
高級セダンを出してもらって、
そいつに搭載してもらえると
面白いと思います。(^o^)

 まぁ今のマツダのブランド力では
すぐには難しいでしょうし、
非現実的な話ではありますが。(^^;

2015-11-24 20:07 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/361-276f8c7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。