Cクラス、PHVモデル追加 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cクラス、PHVモデル追加

20151204_a1.jpg


メルセデスベンツ日本は、Cクラスにプラグインハイブリッドモデルの「C 350 e アバンギャルド」と「C 350 e アバンギャルド ステーションワゴン」を追加し、12月4日から注文受付を開始した。
発売は2016年1月の予定。


搭載するパワートレインは、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジンに電気モーターを組み合わせ、システム全体で279PSを発生する。

時速130km/hまで電気モーターのみでの走行が可能で、電気モーターのみでの航続距離は最大約30km。

フル充電までにかかる充電時間は、走行しながら充電する「CHARGEモード」で約40分。
AC200V電源使用の場合は約4時間となっている。


また、「インテリジェントドライブ」の新たな追加機能として、「インテリジェントアクセルペダル」を装備。

モーターのみで走行する「EVモード」と、エンジン+モーターで走行する「ハイブリッドモード」の切替ポイントを、アクセルペダルの抵抗を増すことでドライバーに知らせるという、「プレッシャポイント機能」を持つ。

さらには、先行車との距離と速度差を計測し、アクセルを離す適切なタイミングを、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させることでドライバーに知らせるという、「ダブルパルス機能」を持つ。

なお、価格は以下の通り。

20151204_a2.jpg

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/12/04/265470.html
http://response.jp/article/2015/12/04/265473.html
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2015/20151204_1.pdf


充実のCクラス


今回、CクラスにもPHVモデルが追加されたということで、ガソリン、ディーゼル、PHVと、新型登場以降、徐々にラインナップが充実してきた。

しかし、PHVとなるとやはりお値段はそれなりに高価だ。
Cクラスで700万円超えというのは、なかなか心理的にハードルが高い。
ここまで出すのなら新型Eクラスが出るのを待とう、という人も出てくるだろう。

なので、価格面でもう少し低価格化が進まない限り、PHVが主力モデルとなるにはまだ時間が必要だ。

ただ、売れる売れないは別として、今後のラインナップの方向性を消費者に示すという意味で、ラインナップにPHVを加えるというアクションそのものに意味がある、という段階と言っていいだろう。


意外と早く普及する、かも?


そんなわけで、現時点においては割高感もあり、筆者としては購入対象には考えられないPHVモデルだが、いま「PHV」は、業界的には注目度の高いキーワードであることは確かだ。

先般のフォルクスワーゲン ディーゼルショックの影響もあり、業界および消費者の関心という面で、PHVには追い風が吹いている状況だけに、普及のペースが上がってコストダウンが進めば、意外と早くPHVが主力モデルとなる日が来るかもしれない。

Cクラスの次回フルモデルチェンジの頃には、筆者が愛車候補としてPHVを考えるような時代になっているのだろうか?
まだまだ先の話だが、ちょっと楽しみだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/374-755a0223

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。