異例!新型プリウスのすべてが2バージョン発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異例!新型プリウスのすべてが2バージョン発売

20151209_a1.jpg


12月9日、トヨタは6年7か月ぶりに「プリウス」をフルモデルチェンジし、発売した。
あまりの人気・注目度の高さゆえか、新型車が出ると三栄書房から発売される「○○のすべて」シリーズが、今回の新型プリウスでは「新型プリウスのすべて」が

 

といった、2バージョン発売(発売日は12月19日)されるようだ。


新型プリウスは、発売前からその燃費性能がどんなスペックで出てくるのかが注目されていたが、発売に伴い明らかとなった燃費は40.8km/リットル(JC08モード)。
(従来モデルのプリウスは32.6km/リットルだった)

これにより、これまで最高だったトヨタ「アクア」とスズキ「アルト」の37.0km/リットルを大きく上回る低燃費が実現されたことになる。


しかし、新型プリウスの注目ポイントは、燃費よりもむしろ、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」により旧モデル比で約60%も高められたシャシー性能であるとする声もあり、新型プリウスの進化ぶりはかなり注目度の高いものとなっているようだ。


20151209_a2.jpg


なお、グレード構成とそれぞれの価格は以下の通り。

20151209_a3.jpg

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/12/09/265789.html
http://response.jp/article/2015/12/09/265792.html
http://response.jp/article/2015/12/09/265809.html
http://response.jp/article/2015/12/09/265815.html
http://response.jp/article/2015/12/09/265822.html
http://response.jp/article/2015/12/10/265890.html
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/10418906/
http://toyota.jp/information/nouki/prius/


さすがプリウス!


モデルチェンジする時期がわかっていても、なおも売れ続けてきたプリウス。

支持者の数がハンパないクルマであるだけに、メディアの注目の仕方も他のクルマとはレベルが違う。
とにかく発売前から、プリウスの話題はしょっちゅう自動車メディアで取り上げられていたという印象が強い。

さすが、ハイブリッドの代名詞的存在「プリウス」だ。


そんなプリウスがついにフルモデルチェンジし、新型プリウス登場となったわけだが、クルマ好きなら知らない人はいないであろう三栄書房の「○○のすべて」シリーズ。

新型プリウスのすべて
新型プリウスのすべて+DVD

これが新型プリウスに至っては、異例の2バージョン発売だ。
通常の冊子のみのバージョンと、DVD付きバージョン。

いかに世間の注目が高く、「新型プリウスのすべて」の需要もかなりのボリュームになることが見込まれているかを示す現象だと思う。


納車待ち組を慰める「新型プリウスのすべて」


トヨタの工場も、アホほど売れることは想定して体制を組んでいたとは思うが、それでもやはり結構な納期がかかるようである。

(参考)
<新型プリウス>納期目処に関するご案内


こうなると、購入された方々は納車までの時間をどうやって過ごすかと言うと、ネットで新型プリウスの情報を検索したり、新型プリウス関連の雑誌を読んだりして、納車後のプリウスとの生活をイメージしながら、悶々とした日々を過ごすわけである。

そんな人たちにとって、「新型プリウスのすべて」は、欠かせない慰めアイテムとなることは言うまでもないだろう。


レンタカーに登場するのはいつだろう?


筆者的には、新型プリウスは愛車候補になるクルマではないのだが、あまりにも飛躍的に良くなったといった記事がメディアに溢れているため、新型の出来栄えは気になるところだ。

というのも、筆者は先代プリウスに乗ったことがあるのだが、かなりショボかった印象しかない。

それが単に良くなったというだけなら大したことないだろうと思うのだが、ここまであちこちで飛躍的に良くなったという論調が見られると、一体どれほどのレベルまで到達しているのか、確かめたくなるというものだ。

レンタカーに新型プリウスが登場したらぜひ借りて乗ってみて、その実力を確かめたいと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

素晴らしい燃費ですね。クリーンディーゼルの環境性能が疑われる中、HV車がヨーロッパ等でも評価されるようになって欲しいものです。
ただ燃費や環境性能というものは運転そのものには直接関係しないものですから、それだけを基準にいいクルマだとか悪いクルマだとか評価されるのはちょっと違うなと個人的には思いますね。新型プリウスがこの燃費でもガソリン車に引けを取らないということを証明し、他のHV車も含めて他国でも受け入れられるものとなって欲しいです。

2015-12-12 14:03 | from -

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/376-48f71ef9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。