アクセラ セダンにXD特別仕様車が追加設定 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセラ セダンにXD特別仕様車が追加設定

20151217_a1.jpg


マツダは、「アクセラ セダン」にクリーンディーゼルの特別仕様車「XD」を設定し、12月17日に発売した。


特別仕様車のXDは、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載。

さらには、先進安全技術の「i-ACTIVSENSE」はもちろんのこと、Boseサウンドシステムや本革シートなど、アクセラに設定されている快適装備はすべて標準装備となっている。

価格はアクセラのラインナップの中で最高額となる、309万9600円。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/12/17/266340.html
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201512/151217a.html


特別仕様車?


アクセラと言えば、どうしても「アクセラ スポーツ」が主役のイメージがあり、実際、販売比率でも「セダン」より「スポーツ」の方が売れているようだ。

そのせいか、ラインナップも「スポーツ」が中心で、グレードバリエーションも豊富。
逆に「セダン」には、マツダが推しているはずのクリーンディーゼルが設定されていないという状況だった。

それが今回、セダンにもクリーンディーゼルの「XD」が追加されたということで、セダン派のユーザーにとっては選択肢が増えて何よりだ。


しかし、単純に「XDグレード追加」ではなく、「特別仕様車」という扱いで「XD」が追加設定されたという発表になっているところが少し気になった。

通常、「特別仕様車」というと、何らかのそのクルマのみに与えられる専用装備があったり、台数限定だったりと、通常のラインナップとは別枠での発売という扱いになることが多いと思うのだが、今回のアクセラの場合は少し違う。

特別仕様車と言いながら、このグレードにのみ与えられた専用装備があるわけでもないし、台数限定というわけでもない。

そして、マツダのサイトでアクセラのスペック表を確認してみたら、通常のラインナップの中に「XD(特別仕様車)」という形で普通に価格一覧の中に入り込んでいる。


20151217_a2.jpg


そんなわけで、一般に言う「特別仕様車」というよりは、通常のラインナップに「アクセラ セダン XD」が追加された、と考えたほうが良さそうだ。

恐らく、アクセラにオプション設定されている快適装備のすべてが標準装備されているので、そういう意味での「特別」ということなのだろう。

何とも紛らわしい特別仕様車だ。


それはともかく、選択肢が増えたことは良いことだ。

ただ、約310万円という価格は、「アクセラ」としてはちょっと心理的ハードルが高いなぁという気がしなくもない。
そういう意味でも「特別」なグレード、と言えるだろう。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/381-9976076a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。