CX-3改良、ナチュラルサウンドスムーザー標準装備化 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CX-3改良、ナチュラルサウンドスムーザー標準装備化

20151224_b1.jpg


マツダは、コンパクトSUVの「CX-3」を改良し、12月24日に発売した。


今回の改良では、ディーゼルエンジンのノック音を抑制する装備「ナチュラルサウンドスムーザー」を全車標準装備とした。
加えて、全車フロントドアガラスの厚みを厚くすることにより、車外からの騒音侵入を低減。
これらにより、さらに上質な静粛性を実現している。


走りの面では、前後ダンパーとフロントスタビライザーの構造改良により、乗り心地を改善した。
また、電動パワステの操舵初期の車両コントロール性を向上。
さらには、トルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を取り入れ、軽負荷領域でのアクセル操作に対しクルマがよりダイレクトに反応するよう設定。
これらの改良により、人馬一体感をさらに向上させている。


インテリアの面では、「XD Touring L Package」のグレードに、黒革内装仕様を追加。
シックなインテリア空間を実現した。

20151224_b2.jpg


なお、価格は以下の通り。

20151224_b3.jpg


【記事のソース】
http://response.jp/article/2015/12/24/266754.html
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201512/151224d.html


待望の標準装備化!


ディーゼルエンジン特有のカラカラ音、いわゆるノック音と呼ばれるものだが、これを低減する画期的な装備「ナチュラルサウンドスムーザー」。

改良前はナチュラルサウンドスムーザーはオプション装備だったのだが、これを付けようとすると、Boseサウンドシステムなどといった、全く関係ない装備とのセットオプションになっていた。

そのため、ナチュラルサウンドスムーザーの効果は認めつつも、価格面から、購入に際してそのセットオプションの装着をためらう顧客も多かったことだろうと思う。

しかし、今回の改良でナチュラルサウンドスムーザーは標準装備化された。
これはCX-3というクルマの魅力を高める上で、実に素晴らしい改良だと思う。


デミオとの差別化も


CX-3がデミオベースであることは、購入を検討したことのある人であればご周知のことだろう。

しかし、CX-3はデミオよりも価格が随分と高い。
にもかかわらず、デミオとの明確な差別化が図られた部分が少なく、デミオと比較検討すると割高感が強かったことは否めないだろう。

そのため、筆者もこのクルマが発売された当初には「価格が高すぎる」と酷評したものだ。
ただ、デザインは素晴らしいため、そのデザインに魅力を感じる人であれば、割高を承知のうえで購入するだろう、そういうクルマだと。


しかし、今回の改良ではデミオとの差別化が少し進んだ。

1つは、すでに触れたナチュラルサウンドスムーザーの標準装備化だ。
デミオにも改良でナチュラルサウンドスムーザーが設定されることになったが、あちらはディーゼルのベースグレードである「XD」には設定がない。CX-3は「XD」を含む全グレードで標準装備だ。

そして、ダンパーとスタビライザーに改良が加えられ、乗り心地を改善した点も、デミオの改良には無い部分だ。

まだ価格差に見合うほどの差別化とは言えないかもしれないが、より上質感が求められるCX-3にとって、その実力をさらに高める方向性の改良が施されたことは良いことだと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/387-f3aec588

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。