BMW 2シリーズ グランクーペの姿、か? - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW 2シリーズ グランクーペの姿、か?

20160203_a1.jpg


BMWが投入を計画しているとされる、最小4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ コンパクト」の姿が捉えられた。


「2シリーズ グランクーペ コンパクト」は、FRレイアウト次世代モジュラープラットフォーム「CLAR」が採用され、全長は「2シリーズ グランツアラー」並みのサイズになると予想される。

クーペルーフでありながらも十分な居住空間を持ったスポーツ4ドアになるという。

ライバルは、メルセデス・ベンツの「CLA」だ。


20160203_a2.jpg


なお、ワールドプレミアは、2018年春頃との噂。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2016/02/03/269069.html


クーペとしての「伸びやかさ」に不安が・・・


まず、この記事のネタ元となっているレスポンスの記事にある、
「2シリーズ グランクーペ コンパクト」
というのと、
「2シリーズ グランクーペ」
が同一のものなのかがよくわからないが、まぁ恐らくは同じことを言ってるのだろう。

と言うか、そもそもまだ正式に発表されていないモデルの話なので、それを取り上げる記事に記載されるモデル名称自体が、現行の命名規則に基づいた憶測の車名でしかない、と言えばそれまでだが。


いずれにせよ、CLA対抗となる4ドアクーペの話であることには違いない。


その4ドアクーペの開発中の姿が、冒頭の画像の車両ということなのだが、やはり車両サイズ的に厳しいものがあり、クーペフォルムの伸びやかさが足りない印象だ。

クーペ的なルーフラインにしつつ居住空間を確保しようとすると、どうしても全高の高さは低くできないし、全長も2シリーズとしてのサイズの範疇に収めようとするとあまり長くはできないため、結果的に伸びやかさに欠けるフォルムになってしまうのだろう。

やはり「グランクーペ」として求められる伸びやかさをデザインで表現しつつ、居住性(特に後席頭上)を確保しようとした場合、4シリーズ グランクーペの車両サイズが限界ではないだろうか?

4シリーズ グランクーペよりも短い全長で、「デザインも居住性も」というのは、正直無理な気がする。


カッコ良くしたいのか?
居住性を確保したいのか?

どちらかを妥協しないと中途半端なモデルになってしまうと思うので、そこは思い切って割り切ってもらいたいと思う。

個人的には、「グランクーペ」というモデル自体少し特殊性があり、居住性重視の人が狙うモデルではないと思うので、「2シリーズ グランクーペ」には居住性は犠牲にしてもらって、デザイン重視で攻めたデザインにしてもらいたいと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/403-669f87f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。