スープラ新型の最新イラスト画像 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スープラ新型の最新イラスト画像

20160222_a1.jpg


トヨタがBMWと共同開発を進めている次世代スポーツカー。

BMWにおいては「Z4」の後継モデル「Z5」として。
そしてトヨタにおいては「スープラ」の新型、あるいはその後継モデルになると言われているスポーツカーだ。

今回、まさにそのスープラ新型とも言えるモデルの、最新レンダリングイラスト画像が入手された。
冒頭の画像がそれである。


エクステリアは、トヨタがすでに公開しているコンセプトカー「FT-1」のイメージを踏襲するようだ。


20160222_a2.jpg


なお、この次世代スポーツカーのプラットフォームはBMW「Z5」と共有され、シャシーとパワーユニットはBMWが担当するとの噂。
エンジンのラインナップは、2リッターの直4ターボ、3リッターの直6ターボが有力だ。

ただ、2017年春と噂されていたワールドプレミアは、2018年3月になるという。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2016/02/22/270252.html


カッコいいトヨタのスポーツカー


これはあくまでも筆者の主観の話。
スポーツカー以外の車種のデザインに関しては、あまりカッコいいと思えないデザインが多いと感じるトヨタ車だが、スポーツカーのデザインに関してはなかなかいい感じだと思う。


例えば「86」。


トヨタとスバルの共同開発で誕生した「86」だけに、基本部分はスバルの「BRZ」と同じなわけだが、そのエクステリアデザインは「86」のほうがエモーショナルで、「攻め」が感じられると思うのは筆者だけだろうか?

いや、それよりもっと昔から、「スポーツカー」のデザインに関しては、トヨタはなかなか上手かったと、個人的には感じている。


今回もイラスト画像を見る限り、スープラの新型というかその後継車として登場することになるモデルも、なかなか攻めたデザインになりそうで、良いのではないかと思う。

2ドアのスポーツカーに関しては、実用性の点で筆者の愛車候補にはなり得ないのだが、こういった趣味性の高いクルマが登場することは喜ばしいし、街中で見かけるとうれしくなるものである。


気になる価格は・・・


ただ、BMWとの共同開発、スープラの後継という位置付けを考えると、やはり「お値段」はそれなりに高額になりそうな気がする。

少なくとも「86」よりは明確に高い価格になるのは間違いないだろう。

そこそこ大きなお金を動かせる「おっさん」をターゲットにした次世代スポーツカーというわけだ。

クルマは「次世代」なのに、これからの世の中を担っていく次世代(若者)に手の届きにくい価格帯で登場するというのも何とも皮肉なものだが、まぁ若者ターゲットのスポーツカーは「S-FR」ということになるのだろう。
(参考:トヨタのコンパクトFR、「S-FR」

パワーはそこそこでもいいので、そのデザインに魅力を感じてくれる若者たちにも手の届きやすいグレードが設定されるといいのだが、BMWがエンジンを担当するとなると、そうはいきそうもない。

今は無きスープラの新型とも言うべきモデルが誕生することは喜ばしいが、若者が選ぶスポーツカーの選択肢にはなりそうもないのは、少々残念ではある。

若者にも買いやすいスポーツカーがもっと増えるといいのだが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/409-9103713d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。