アクセラに待望のグレード追加と一部改良 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセラに待望のグレード追加と一部改良

20140807_a1.jpg


マツダは、アクセラのガソリン車に対し、新たなグレードの追加と一部改良をおこない、9月1日に発売することを発表した。


追加されるグレードは「15S Touring」。
日本メーカーの1.5リッタークラスとしては初となる先進安全装備を充実させるなど、主に下記のような上級装備が標準で搭載される。

 ・スマートブレーキサポート(SBS)& AT誤発進抑制制御
 ・マツダレーダークルーズコントロール(MRCC)
 ・アクティブドライビングディスプレイ
 ・リアビークルモニタリングシステム(RVM)
 ・アダプティブフロントライティングシステム(AFS)
 ・ディスチャージヘッドランプ/オートライトシステム/レインセンサーワイパー/フロントフォグランプ
 ・ステアリングシフトスイッチ


また、一部改良としては、グレードごとに下記のような標準装備が追加された。

●「15S」
 ・スマートブレーキサポート(SBS)& AT誤発進抑制制御
 ・自動防眩ルームミラー

●「20S Touring」と「20S Touring L Package」
 ・ハイビームコントロールシステム(HBC)
 ・車線逸脱警報システム(LDWS)

●「20S」
 ・クルーズコントロール

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/08/07/229489.html
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201408/140807a.html
http://www.axela.mazda.co.jp/spec/pdf/axela_spec_document.pdf


待望のグレードが追加!


筆者はアクセラ発売当初に試乗した際、「15S」の走りの質感の高さに非常に感心したのだが、「15S」は購入対象にはならなかった。

その要因として大きかったのは、パドルシフトが装備されていないことや、新型アクセラの目玉装備の1つであった「アクティブドライビングディスプレイ」がオプションですら付けられないことだった。

しかし!今回追加になったグレード「15S Touring」では、そのいずれもが標準装備されている。しかも筆者が唯一便利だと評価している安全装備「リアビークルモニタリングシステム」までもが標準装備だ!


発売当初、せっかくレベルの高い商品に仕上がっているのに、1.5リッター車を廉価グレード的に扱うグレード構成に、筆者としては大きな不満があった。

「15S Touring」の登場は、その不満を解消してくれた。
これはまさに、待望のグレードの登場と言っていいだろう。


悩ましい選択肢


そんな待望のグレード「15S Touring」だが、装備をかなり充実させているだけに、お値段のほうは1.5リッターながら200万円を超えてくる。
こうなってくると、購入者にとっては「20S Touring」との選択が悩ましいところだろう。

ちなみに両者の価格は以下の通り。

 「20S Touring」・・・\2,430,000
 「15S Touring」・・・\2,138,400

その差、\291,600、約29万円だ。

両者の差としては、エンジンの排気量以外にも、ビミョーに装備も異なる。

「15S Touring」には、ハイビームコントロールシステムと車線逸脱警報システムは装備されないが、「20S Touring」には今回の一部改良で標準装備化されている。
ホイールも、「15S Touring」は16インチだが、「20S Touring」は18インチだ。

でもまぁ、その程度の差と言えばその程度の差だ。
この内容の差に対して、29万円という差額をどう感じるか、そこは人によってそれぞれ感じ方は違うと思うが、個人的には非常に悩ましい差額だという気はする。

いずれにせよ、1.5リッターでも装備が充実したグレードが選べるようになったのは喜ばしいことだ。
購入を考えている人は、大いに楽しんで悩んでもらいたい。

【参考情報】今回のグレード追加・一部改良がされる前と、された後の情報(諸元、主要装備など)
 ・アクセラ(2014年4月, MT追加)
 ・アクセラ(2014年9月, グレード追加と一部改良)

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

自分も走りは15Sが良かったんですが、装備の差で20STを購入しました。
正直、こんなに早く年次改良が来るとは思ってなかったので、複雑な気分です^_^;

i-ELOOPは新デミオでOPで装備出来るだけに、アクセラの15STも選択出来るようにすればいいのになーとは感じました。

2014-08-07 22:52 | from 通りすがり

Re: タイトルなし

管理人です。

> 自分も走りは15Sが良かったんですが、装備の差で20STを購入しました。

そうなんですよね。
15Sって、確かに絶対的な動力性能では20STには劣るものの、
「走りの質感」という点では、むしろ20STより上だと
感じさせるぐらい、よく出来てるんですよね。

それだけに、今回の15STのグレード追加は
非常に意味があるというか、大きなニュースだと思います。


> 正直、こんなに早く年次改良が来るとは思ってなかったので、
> 複雑な気分です^_^;

まぁ購入者の方にしてみれば、
ちょっと悔しさもあるかもしれませんね。(^^;
でも、マイナーチェンジを待たずに魅力的なグレード追加や
改良をおこなうメーカーの姿勢は素晴らしいと思います。


> i-ELOOPは新デミオでOPで装備出来るだけに、
> アクセラの15STも選択出来るようにすればいいのになー
> とは感じました。

なるほど。
自分はアテンザに乗ってた時、i-ELOOPは正直どうでもいいと
思ってましたが、標準で載せるかどうかはともかく、
欲しい人のためにOPの設定を用意するとなおいいですよね。

まぁでも、今回追加になった15STは、
それを抜きにしても魅力のあるグレードではありますね。(^_^)

2014-08-09 20:01 | from 管理人 | Edit

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/41-14ebdcee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。