新型BMW X6発表 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型BMW X6発表

20140807_b1.jpg


ビー・エム・ダブリューは、「BMW X6」をフルモデルチェンジし、8月7日より注文の受付を開始することを発表した。


「BMW X6」は、クーペ特有の優美で個性的な外観と、卓越したオフロード走行性能を兼ね備えた「スポーツ・アクティビティ・クーペ」だ。


20140807_b2.jpg

20140807_b3.jpg


デモルラインナップは、スタンダードモデルの「X6 xDrive35i」と「X6 xDrive50i」に加え、BMW X6では初となる「M Sport」モデルがそれぞれラインナップされる。


「X6 xDrive35i」は、3リッター直列6気筒のツインパワーターボエンジンを搭載。
最高出力306ps、最大トルク40.8kgmを発揮し、0-100km/h加速は6.4秒(先代モデルより0.3秒向上)。

「X6 xDrive50i」は、4.4リッターV型8気筒のツインパワーターボエンジンを搭載。
最高出力450ps、最大トルク66.3kgmを発揮し、0-100km/h加速は4.8秒(先代モデルより0.6秒向上)。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/08/07/229513.html
http://news.bmw.co.jp/press/2014/08/07.html


カッコいいのか悪いのか


クーペとSUVの融合、それがこの「X6」というモデルの特徴だ。
確かに、流れるようなルーフラインはクーペのそれであり、ガッチリとしたリヤフェンダーや高さ方向に厚みを感じさせるデザインはSUVの雰囲気を持っている。

しかし、好き嫌いがはっきりと分かれやすいデザインかもしれない。
なぜなら、本来「クーペ」と「SUV」というのは、お互いにかなり相反する方向性のフォルムを持つものだからだ。


クーペのカッコよさは、流麗かつ低く構えているところにあると思うが、SUVは車高の高さやゴツゴツとしたガッチリ感が特徴的な部分だけに、「カッコ良く」融合させるのが難しい組み合わせだと思うのだ。

そのため、「X6」のフォルムを見たとき、クーペ的なカッコ良さを求めている人から見ると、車高の高さからイマイチに映るかもしれない。

逆に、SUV的なカッコ良さを求めている人から見ると、SUV的な「ガッチリ感」が薄く見えてしまい、やはりイマイチに映るかもしれない。


クーペでもなく、SUVでもない


というわけで、「X6」のデザインを「クーペでもあり、SUVでもある」と捉えると、どちらとして見ても中途半端に見えてしまうかもしれない。

しかし逆に、「クーペでもなく、SUVでもない」と捉えると、全く新しいジャンルとして純粋な目線で「X6」のフォルムを見ることができる。
そのように見た場合、これはこれでカッコ良く思えてくるから不思議だ。


つまり、旧来からあるものの延長上として見るか、全く新しいものとして見るかによって、X6のデザインに対する評価は明確に分かれるのではないだろうか?


無事2代目を迎えた「BMW X6」。
もしこのクルマがカッコ良く見えないという人は、少し視点を変えてみると良く見えてくるかもしれない。

実際、筆者はそうだった。最初見たときは「なんだこれ?」と思ったものだが、今は斬新なフォルムのクルマとして見られるようになった。ただし、高すぎて愛車候補にはできないが。。。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

はじめまして

ゴツいクーペ、車高落としたらカッコいと思いません?…絶対やりませんけどwww

2014-08-13 10:49 | from 車探し中

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/42-2d7727aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。