レクサスNXの燃費性能が判明 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサスNXの燃費性能が判明

20140707_a1.jpg


もうじき登場が予定されているレクサスNX。

そのNXにおけるグレードの1つ、「NX300h」というハイブリッドモデルのカタログ燃費が判明した。

そのカタログ燃費はリッター19.8km。
これは「BMW X3」、「アウディ Q3」などのライバルと比べて明確に優位な数値だ。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/07/07/227108.html


レクサスの燃費なんかそこそこでOK


今回のニュースを見て「あれっ?」と思った。NXの燃費に関しては結構前から情報がネット上に出回っていたと思うのだが?まぁ筆者はあまり燃費に興味がないため、そのへんは詳しく見てなかったので、単なる気のせいかもしれない。

そもそも「レクサス」を選ぶ際、燃費なんかあまり気にしたくない。筆者がレクサスに期待するのは、質感の高さや装備の充実、造り込みの丁寧さ、走りの質感など、乗って楽しい、乗って心地いい、そんなクルマであるかどうかだ。燃費などそこそこでいい。


「NX300h」というグレードへの期待と不安


発売が待たれるレクサスNX。筆者もその登場を楽しみにしている1人だが、正直「NX300h」というグレードに関しては、期待と不安、両方の気持ちを持っている。

なぜなら、NX300hに使われているエンジンは、トヨタのカムリなどに使われているFFベースのハイブリッド対応エンジンと同じ、と言われているからだ。

まず「期待」としては、筆者は現行型カムリに試乗した際、動力性能的には好印象を持ったので、それと同じエンジンなら良いかもしれない、という点。

「不安」としては、あくまでも「カムリ」としては良いと感じたけども、レクサスに同じエンジンが載った時、はたして良いと感じることができるのかどうか、という点だ。

そんなわけで、期待もあるし不安もあるという、何とも複雑な気持ちなのだ。


本命は「NX200t」


グレードとしては下位グレードという扱いになるのかもしれないが、むしろ期待したいのは「NX200t」だ。こちらにはレクサス初の新開発2リッターターボエンジンが搭載される。ニューモデルにふさわしいエンジンは、むしろこちらであろう。

とはいえ、ダウンサイジングターボで出遅れているトヨタ(日本メーカー全体がそうだが)が送り出すブランニューのエンジンだけに、その仕上がりがどの程度なのか、やはり不安はある。

ぜひとも、「さすがレクサス!」と言わしめる出来栄えで発売してもらいたいものだ。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/6-3b1fea52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。