スバル 新型WRXを発売 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル 新型WRXを発売

20140825_d1.jpg
 スバルWRX S4 2.0GT EyeSight


富士重工業は、新型WRX、「WRX S4」と「WRX STI」を8月25日より発売することを発表した。


20140825_d2.jpg

「WRX S4」は、最高出力300PS、最大トルク40.8kgf・mを発揮。
トランスミッションにはスポーツリニアトロニック(CVT)が設定される。
安全面では、EyeSight(ver.3)を搭載し、最先端の予防安全技術を提供する。


20140825_d3.jpg


「WRX STI」は、最高出力308PS、最大トルク43.0kgf・mを発揮。
トランスミッションには6速MTが設定される。
WRX STI専用装備として、マルチモードDCCDシステムを先代から継続して採用し、これにより好みに応じて、センターデフの制御特性を選択することができる。

なお、グレード構成と価格は以下の通り。

●WRX S4
 2.0GT EyeSight(334万8000円 税込)
 2.0GT-S EyeSight(356万4000円 税込)

●WRX STI
 STI(379万0800円 税込)
 STI Type S(411万4800円 税込)

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/08/25/230666.html
http://response.jp/article/2014/08/25/230668.html
http://www.fhi.co.jp/news/14_07_09/14_08_25_102444.html
http://www.fhi.co.jp/news/14_07_09/14_08_25_102443.html


レヴォーグのセダン版「WRX」


骨格部分は基本的にレヴォーグと共通化されていることや、エクステリアのテイストが似ていることからも、WRXはまさにレヴォーグのセダン版だ。
セダンボディによってもたらされるさらなる剛性感、SI-シャシーをベースとしてさらに高められた各部の剛性、まさにスバル最高峰のスポーツマシンである。


シンプルなグレード構成


先代と異なり、新型はグレード構成も実にシンプルだ。

先代はゴチャゴチャといろんなグレードがあって、選択肢を絞りにくい印象があったが、今回の新型は基本的には「S4」と「STI」の2種類で、それぞれにスポーツ性の高い「S」グレードが存在するのみだ。

選択肢が少なくなったという見方もあるが、今やスバルの代名詞と言ってもいいぐらいの認知度となった「アイサイト」が搭載されるようになったことで、逆にWRXを購入対象として考える客層は、以前よりも広がりを見せるのではないだろうか。

ただ、アイサイトは「S4」に標準装備となっており、「S4」を選択するとムリヤリ押し付けられてしまうあたりは頂けない。
アイサイト装備の有無に関しても、購入者に選択肢を与えてほしかったと思う。


燃費性能が、やや時代遅れな「STI」


「STI」の動力性能は「S4」よりも高く、308PS、43.0kgf・mというスペック。
それゆえ、燃費性能は悪くなってしまうのだが、これが結構極端だ。

「S4」の13.2km/リットルに対し、「STI」は9.4km/リットルとなっている。

「S4」より高性能とはいえ、その動力スペックにさほど大きな開きはなく、相対的に「STI」の9.4km/リットルという燃費性能はかなり悪いように感じられ、少し時代遅れ感が漂う。

スペックの数値だけではわからない、トータルで見たときの走りの性能が、数値以上に「S4」との違いを感じられるような仕上げになっているのだろうか?

そのへんはわからないが、「マニュアル(MT)」、「STI」というキーワードに特別なこだわりを持たない人たちにとっては、9.4km/リットルという燃費性能は購入を躊躇させる材料になるかもしれない。


レヴォーグとの違いに期待


レヴォーグのセダン版とは言ったものの、WRXはスポーツを追及したマシン。
もちろん、レヴォーグもスポーティーなワゴンではあるのだが、そこはやはり、WRXにはスポーツワゴンとは一線を画す、さらなるスポーツ感のある味付けを求めたい。

筆者は近々「S4」に試乗する予定なので、そのスポーツ感をしっかりと確かめてこようと思っている。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/60-48e579c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。