インフィニティ、「Q80インスピレーション」の公開を予告 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフィニティ、「Q80インスピレーション」の公開を予告

20140904_a1.jpg


インフィニティは、「Q80インスピレーション」を10月に開催されるパリモーターショー14で初公開すると発表した。


現時点では、はっきり見えないサイドビューの予告イメージしか公開されていないが、「Q80インスピレーション」についてインフィニティは、「4座のファストバック」と説明していることから、最上級の2ドアクーペとみられる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/09/04/231530.html


「フーガクーペ」か?


インフィニティのモデル名の一部を取り上げると、対応する日本(日産)での車名は以下の通り。

 Q50・・・スカイライン
 Q60・・・スカイラインクーペ
 Q70・・・フーガ
 Q80・・・現時点では存在しない

何が言いたいかわかるだろうか。

そう、この流れでいくと、インフィニティに「Q80」というモデルが誕生するとなれば、日本(日産)で「フーガクーペ」に相当するものが新たに誕生する可能性を期待せずにいられない。


だが、日産の日本における高級車クラスに対する近年の姿勢を見る限り、「Q80」に対応する車種が日本で発売される可能性は低いのではないかと思う。

つまり、「Q80」として2ドアクーペが出るとしたら、それは恐らくインフィニティ専売のモデルであろう、と。


ここまで大柄な2ドアクーペは、今のところ筆者の愛車候補の対象外なので、個人的には「Q80」に対応するクーペが日本で誕生してもしなくてもどっちでもいい。

それより、「Q70」(フーガ)よりも上位に位置する、ベンツSクラスともガチで勝負できるサルーンの誕生(「Q90」とかになるのだろうか?)を、期待して待ちたいと思う。

【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/73-76ded355

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。