トヨタのFCV、名前が決定 - 厳選!自動車ニュース


  現在の保険料より5万円以上も安くなった人も!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタのFCV、名前が決定

20140908_a1.jpg
トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

トヨタが2014年度内に発売しようとしている燃料電池車(FCV)の名前が決定したようだ。


その車名は「ミライ」。11月に正式に発表するという。

FCVの普及で、地球温暖化などの課題が山積するクルマ社会の未来を切り開く、との思いで命名されたそうだ。

すでに米国では「TOYOTA MIRAI」という商標登録の手続きを進めているらしく、海外でも「ミライ」の名称で販売されることになる。

【記事のソース】
http://response.jp/article/2014/09/08/231812.html


カッコいいとは思わないが日本的


2014年度に登場する予定の新型車として、注目度の高いトヨタのFCVだけに、その名前がどんな名前になるのか気にはなっていたが、「ミライ」とは、意外とひねりの無い名前。

あまりカッコいい響きの名前ではないと思うが、多くのクルマが外国語ベースの造語のような名前になっている状況なだけに、そんな中で、「ミライ」という漢字を連想させる名前はなかなか日本的であり斬新とも言える。

何でもかんでも「横文字風の名前がカッコいい」みたいなのもどうかと思っていたので、筆者としては今回の「ミライ」という名前は好意的に受け止めたいと思う。


一番肝心なのはクルマの出来


人間でも競走馬でもクルマでも、名前は名前で大事だとは思うが、いずれの場合も一番肝心なのは中身、つまりクルマの出来が良いかどうかだ。

筆者としては、たとえ「ミライ」が発売されたとしても、FCVはまだ手を出すべき時期ではないと思うので、愛車候補には考えていないのだが、新しいシステムのクルマということで例外的に試乗させてもらおうと思っている。
(筆者は通常、愛車候補になり得る新型車にしか試乗しないのだが)

トヨタのFCV「ミライ」が、試乗した人や購入した人を納得させる、クルマの明るい未来を想像させるような出来栄えで出てきてくれることを期待したい。

トヨタMIRAIのすべて (ニューモデル速報)[本/雑誌] / 三栄書房

価格:580円
(2014/11/25 21:48時点)


【読者の皆様へ】

愛車を少しでも高く売りたいのなら、
出来るだけ多くの買取店に
査定してもらいましょう。

筆者も利用している無料一括査定サービス


業者によって、査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります。
(経験に基づく、リアルな話です)

ちなみに、筆者の経験上、ディーラーの下取りが
買取店の最高値よりも高値を付けたことは
一度もありません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gensenjidoushanews.blog.fc2.com/tb.php/76-adddfda5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。